頭痛で後頭部の左が痛い場合の原因と解消法。特に注意すべき症状も。

頭痛がおきた時、後頭部の左側が痛いという場合があります。
頭痛というと偏頭痛が思い浮かびますが、
偏頭痛の場合、主に痛みの出る箇所はこめかみや
頭部の片側で、後頭部以外の方が多いです。

では、後頭部の左側に発生する頭痛とは何なのでしょうか?
以下のような特徴に当てはまるかどうか
確認してみてください。

また、こんな症状が出たら特に重い病を疑うべきという特徴的な症状についても
最後に書いてありますので、自分に当てはまらないかどうか見ておいてください。

急に刺すような痛み→すぐおさまる

後頭部の左側に発生する頭痛でよくある痛みの症状は
刺すような痛みかたです。
そして、長時間続くことはなく、しばらくすると収まります。

よくおきる・慢性化している

後頭部の左側に発生する頭痛がおきる人は
このタイプの頭痛がたびたび発生し、
慢性化している場合が多いです。

肩こり・首こりをともなう

後頭部の左側頭痛と同時に肩こり・首こりをともなう場合が
多いのも特徴です。

これは首・肩のコリや関節のゆがみが脳につながる神経を圧迫
することが原因で発生する頭痛で
  • 緊張性頭痛
  • 後頭神経痛
といいます。
後頭部の左側頭痛がよくおきる人は、
首や肩の筋肉が固くなっていたら次のような対策が必要です。

原因と対策

肩こり・首こりが直接の原因となるため、
長時間同じ姿勢をとってしまうと発生しがちです。
長時間のパソコン作業や長距離ドライブなどですね。
途中で休憩を入れてストレッチやマッサージを行うなど
こりを発生させないように予防することが対策となります。
筋肉のコリが原因なだけに、慢性化しやすいのです。

まれに、頭皮のコリ、首のヘルニアが原因という場合もあるようです。
これらの場合もマッサージが有効です。
首のヘルニアの場合は整形外科の牽引リハビリ治療や
整体、カイロ、鍼灸が効く場合も。



頭痛の他にこんな症状が出たら要注意

頭痛とともに以下の症状が出る場合は特に要注意です
  • 手足に力が入りにくい
  • 手足がしびれる
  • ろれつが回らない
  • 視界が悪い
  • 痛みが止まらない
これらの症状が見られる場合、脳出血の恐れがあります。
  • くも膜下出血
  • 脳卒中
等の可能性があり、早急に処置しないと麻痺や言語障害等の
重篤な結果を招く恐れがあります。
すぐに神経内科・脳神経外科へ行き
MRI検査等で原因を特定しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

Similar Posts

    None Found

このページの先頭へ

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento